コインランドリー女子のブログ

全国のステキなコインランドリーを取材して紹介するブログです。

日本初!美容室×カフェ×コインランドリー! 兵庫県「ハル」②

引き続き、ハルさんの記事です。熱すぎるので記事をふたつに分けました(笑)

美容室ハルさんについては、こちらの記事を↓↓

日本初!美容室×カフェ×コインランドリー! 兵庫県「ハル」① - コインランドリー女子のブログ

 

さぁ楽しみにしていた、2階のはま茶へ。かわいい店内です!

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623192546j:image

 

はま茶へは、ハルさんの店内から階段であがれるだけでなく、外階段から直接あがることもできます。

美容室、コインランドリー、カフェと、併設だけど全ての入り口が分かれているのが、グッドデザイン!

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625192533j:image

 

ハルさんで施術をした人は、ドリンクが無料で頼めます。ワタシはホットチャイを注文。

そして、はま茶名物「高砂プリン」をいただきました。パッケージの「プ」がいかすぜ!!

固めで素朴な「あーこれがプリンだよ!」って味で、美味しかったです。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623192602j:image

 

ワタシは時間が合わなかったけど、はま茶ではランチも人気です。メニューも豊富で、どの時間帯でも楽しめそう。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623192824j:image  

(☝︎ランチの写真は、はま茶Facebookページからお借りしました)f:id:coinlaundryjyoshi:20190623192834j:image

 

店内には、不要になった本をお客さんが置いていって、それを欲しい人がもらっていくコーナーがあったり、

髪型イラストコンテストの作品が飾ってあったり、

お客さんにくつろいで楽しんでもらえる工夫が随所に感じられて、ほんとに優しい空間。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623192904j:image

 

手作りのクッキーや、作家さんの手作り作品も販売されていました。このキャラクターデザインが好きなワタシは、クッキーもバッチも購入しました♡

クッキーは、ホロホロしていて美味しかったー。

 

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623194029j:image

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623194046j:image

 

ワタシが感動したのが、ハルさんからはま茶へ登る階段に、所狭しと飾ってあった作品の数々です。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623194059j:image

これらは、ハルさんの周年祭の時に作られた、多くのアーティストさん達の作品。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190623194116j:image

 

もうね、これを見たら、ハルさんが、みんなにどれだけ愛されている場所か、溢れるほどに感じられるんです。

遠くから訪問したワタシですら、この作品達をひとつずつ見てたら、胸が熱くなってきたほどだよ。

 

ただの居心地の良いカフェとか、美容室に併設されてる便利なカフェって枠を超えて、地域の人達に愛され、一緒に育っている場所なんだなーと思いました。

 

コインランドリーに来た人にとっても、こんなあったかいカフェがあったら、待ち時間にココロがポカポカになって、あーまたがんばろっかな、って気持ちになれるだろうなぁ。

 

カフェ併設のコインランドリーは増えてきているものの、ハルさんの併設形態は素晴らしいなーと感心しました。

新しいオシャレなコインランドリーカフェを作るのもいいけど、もともと地域で愛されてるお店(業種問わず)に、コインランドリーを併設していくというスタイルも注目していきたいです!

 

★information★

カフェ はま茶

住所:〒676-0802 兵庫県高砂市米田町古新275-27

電話:080-9160-8603

営業時間:9:30〜17:00

定休日:毎週月曜日

はま茶Facebookページ☟

セキュリティチェックが必要です

 

 

 

 

日本初!美容室×カフェ×コインランドリー! 兵庫県「ハル」①

コインランドリー女子のミユキです。

先日、全国的に嵐の予報だった日に、コインランドリー取材で兵庫県まで行ってきました!

 

向かったのは、「ハル ヘアサロン&コインランドリー」さん。

ハルさんは、もともと1階に美容室、2階にカフェという形態で営業していたのですが、今年の4月から美容室部分にコインランドリーをオープンしました。

美容室の店内にコインランドリー」というのは、日本初の試みなんですって!

ワタシも、コインランドリーオープン前からネットでチェックしていて、「絶対に行きたいなー」と思っていたお店でした。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190624221630j:image

 

店主の濱田健太さんにご挨拶をして、せっかく美容室に来たので、カットとパーマをお願いしました。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625193240j:image

 

施術をしてもらってる間はずっと、コインランドリー談義(笑)なんだか、初対面とは思えない盛り上がりでした。

濱田さんを例えるなら、「ずっと文化祭の準備をしている人」。ご自身でも、イベントを企画するのが得意とおっしゃってましたが、ハルさんでは、お客さんや地域の人達に楽しんでもらえる企画が満載です。

濱田さんの人柄が、人を引き寄せて、楽しいことが展開していくんだろうなーと感じました。

 

ハルさんの素晴らしさは、デザインクオリティーの高さを通して、ホスピタリティを提供しているところにあります。

 

設計の面で言えば、お子さん連れやお年寄りが気兼ねなく来れるよう個室があったり、

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625200437j:image

外庭にはブランコがあったりします。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625200511j:image

 

コインランドリーの外装にも工夫がこらしてあります。

外からは、茶色のドアがコインランドリーの入り口、グレーのドアが美容室の入り口と分かれていて、

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625200730j:image

 

美容室の中からもコインランドリーへ行けるドアがあります。

導線は、外と中から確保しつつ、コインランドリー部分が透けないように、すりガラスになっていて、コインランドリーと美容院、どちらのお客さんにも配慮がなされています。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625201036j:image

 

ワタシのハルさんイチオシポイントは、イラストやロゴ、看板、印刷物のデザインがほんとうに!!ステキなところです。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625215144j:image

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625215200j:image

この少し脱力系ながら、センスの良さが光っていて、誰にでも分かりやすいデザインの素晴らしさ!

ハルさんのあったかさが、そのまま表現されています。

店内のPOPなど、手書きで描かれたものもありますが、手抜き感はなく、むしろあったかい印象です。

 

コインランドリー機能についてですが、洗濯乾燥機2台、乾燥機4台の計6台

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625200613j:image

 

台数としては小規模ですが、ワタシ、併設店舗はこれくらいの規模でいいと思っているんですよね。

トイレを作るくらい気楽にコインランドリー作ったらいいのに」って濱田さんも言ってましたが、ほんとその通り。名言ですっ!!

 

濱田さんが、コインランドリーを作ろうと思った最初のきっかけは、働いている従業員さんが主婦の方が多く、「仕事の合間にひとつでも家事が終わったらなぁ」という気持ちだったからだそう。

 

4月のオープンから反響も多く、コインランドリーだけに来るお客さん、美容室の間に利用するお客さん、カフェに来るついでに洗濯物を済ますお客さんと、コインランドリーの利用を楽しんでくれている手ごたえも感じられているようです。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190625215058j:image

 

ワタシ、コインランドリーに一番必要なことは「地域に開かれた場所であること」だと常々思っているのですが、

ハルさんは、地域で70年以上も愛されている美容室。

そんな、もともと地域に開かれた場所であるハルさんが、コインランドリーという誰もが来れる場所を併設したことで、これからもっと、開放感や楽しみ方が広がっていくんだろうなぁ、と思います。

家族で来ても1人で来ても、楽しみ方がたくさんあるコインランドリー。

こんな場所が、もっと増えていくといいなー!と思うし、ハルさんはその先駆者として、ますます楽しい場所であって欲しいです。

 

長くなりすぎたので、カフェ「はま茶」については、続編で↓↓

日本初!美容室×カフェ×コインランドリー! 兵庫県「ハル」② - コインランドリー女子のブログ

 

★information★

ハル ヘアサロン

住所:〒676-0802 兵庫県高砂市米田町古新275-27

電話:079-432-4711

営業時間:平日 9:00〜22:00

               土日 9:00〜19:00

定休日:毎週月曜日、第1.3火曜日

 

ハル コインランドリー

営業時間:8:00〜21:00

定休日:基本無休

 

ハル Facebookページ

セキュリティチェックが必要です

 

 

はてなブログプロに移行しました! 新ステッカーもできたよ!

コインランドリー女子のミユキです。

 

先月からずーーっと「やらなきゃ」と思いながら、なかなか手がつけれなかった、はてなブログプロへの引っ越しを、完了しました◎◎

はてなブログプロとは??

はてなブログPro - はてなブログ

 

プロはお金がかかっちゃうんだけど、

1.独自ドメインが使える

2.広告を非表示にできる

3.スマホデザインのカスタマイズができる

って点にメリットを感じ、移行しました。

 

「移行は大変だ」って書いてる人が多かったので、めっちゃビビり腰でしたが、この記事を見ながらやったら、ワタシでも簡単に出来ました◎◎

独自ドメインではてなブログを運営しよう! ドメイン取得から設定までを徹底解説 - 週刊はてなブログ

 

やったー! オイラも独自ドメインブロガーや! 憧れの「.com」さまや! 自分のブログURLを眺めてニヤニヤする人(笑)

 

かっこいいブログにはまだ遠いけど、訪問してくださった方が見やすいように、少しずつカスタマイズしていきます。

今後とも、どうぞよろしくお願いします!

 

新URLはこちら↓↓

https://blog.laundry-girls.com/

 

URLが変わったのに伴って、新しいステッカーも作りました!

前のは「でかい!」との声があったので、サイズを小さくして正方形に。

コインランドリー女子ちゃんのイラストがかわいい、シンプルなステッカーになりました◎

f:id:coinlaundryjyoshi:20190617202116p:image

 

ロンドンのコインランドリーの使い方! ロンドン旅行中に体験してみました

コインランドリー女子のミユキです。

 

すっかり1ヶ月以上前の話になってしまいましたが、今年のGWは今までにない大型連休でしたね!

ワタシは親友が住んでいるロンドンへ行ってきました◎

 

コインランドリー女子としては、海外のコインランドリーを調査する、めったにないチャンス!

もちろんロンドンのコインランドリーを体験してきましたよー♡

 

そうそう、豆知識①

日本では「coin laundry」という名称ですが、イギリスでは「launderette」アメリカでは「laundromat」と言います。

第277回 井上史雄さん:コインランドリーの探し方(2)―コインランドリー・ランドロマット・ランドレットの世界的方言差 ―How to find a coin laundry (2) ― Global dialectal differences of coin laundry, laundromat and launderette ― | 地域語の経済と社会 ―方言みやげ・グッズとその周辺―(言語経済学研究会 The Society for Econolinguistics) | 三省堂 ことばのコラム

 

豆知識②

コインランドリー発祥は、1930年頃、ロンドン市内のアパートの地下に居住者用の洗濯機を置いたのがはじまりだと言われているんだそうです。

なにげにロンドンが発祥の地だった!

世界ではじめてのコインランドリーとは?:コインランドリー知恵袋|業務用洗濯機・コインランドリーの無料レンタル・リースなら美和電化(東京)

 

さて、ワタシが訪問したのは、ロンドン郊外にある、親友の自宅近所のコインランドリーです。お店の名前は分かりません(汗)

日本だと「コインランドリー○○」って名前が掲げてあることが多いですが、向こうではlaunderetteとだけ看板に書いてある店が多いです。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190607184723j:image

 

機械も黄色です。この黄色の配色がなんともかわいい!

f:id:coinlaundryjyoshi:20190607184755j:image

 

店内では、店員さんが2人、忙しそうにシャツをたくさん洗濯しています。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190603203051j:image

 

店員さんに挨拶をして、洗濯スタート。

① 赤い部分を押しながら取っ手をひいて扉を開ける。洗濯物を入れて閉める

②コース(温度設定)を選んでボタンを押す

③洗剤を入れる

④お金を入れる

f:id:coinlaundryjyoshi:20190603203117j:image

 

洗剤は持って行ってなかったので購入。

洗濯は4ポンド(1ポンド150円として、約600円)、所要時間30分。洗剤は50ペンツ(約70円)

 

ワタシ達は洗濯待ちの間に、すぐ近くのレストランで、イングリッシュブレックファーストを食べてました。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190607195240j:image

日本だとコインランドリーから一旦離れるのはよくあることだけど、今考えるとイギリスはどうだったんだろう。

国によってはやっぱり無用心かもしれませんね。

 

レストランから帰ってきて、洗濯物を乾燥機に移します。

乾燥機はおなじみの感じ。扉を開けて洗濯物を入れ、お金を入れてスタート。温度設定もレバーでできます。

乾燥は10分1ポンド(約150円)。店員さんが20分で乾くと思うよーと教えてくれたので、2ポンド(約300円)にしました。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190603203137j:image

 

乾燥待ちの間も、また外出。近くのスーパーでお土産を物色してきました。

 

仕上がりですが、いつも日本だと30分かけるのでどうかなー?と思ったけど、20分でしっかり乾いてました。

これは機械によりけりだと思うので、乾き具合によって追加していくのがいいと思います。

 

はじめて海外のコインランドリーを使いましたが、日本でもコインランドリーを利用しているワタシとしては、操作方法は難しくなかったです。

これはお国によってそれぞれだと思います。

変な匂いがしたとか、服が痛んだとかもなく、仕上がりも良好でした。

 

海外旅行をする時、洗濯物をどうするかって結構大きな悩みですよね。今回、コインランドリーを使って、荷物の軽減にもなるし、旅行者のコインランドリー利用がもっと増えるといいなーと思いました。

 

ちょっと操作の方法が不安かもしれないけど、そこは現地の人とコミュニケーションが取れるチャンス! 外国語が苦手な人でも話しかけてみてください。

旅行って、観光名所に行ったことより、バスに乗り遅れたこととか、現地で出会ったおばちゃんのこととか、覚えているのってそうゆう類のこと。

だから、旅行しながら、生活の場であるコインランドリーに行って、現地の暮らしを感じられるって、すごく貴重な体験だと思います! オススメ!

 

ロンドンのコインランドリーは、ひと昔前の日本のコインランドリーのようなレトロな雰囲気でした。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190607190653j:image

 

たまたま黄色の服を着ていたワタシ。黄色いコインランドリーでイエローページを読んでます。黄色、黄色、黄色!!!

f:id:coinlaundryjyoshi:20190607190739j:image

 

友達が店員さんに、ワタシが日本から来たこと、コインランドリーのブログを書いていることを話してくれて、ブログの掲載許可をもらいました。

ブログのステッカーもお渡しして、写真も一緒に撮ってくれましたよー♡ ナイスガイでした。

 

海外のコインランドリー初体験、楽しかった!!

世界には、いろんなコインランドリーがあるんだろうなー。他の国に行くことがあったら、またコインランドリーレポしますね◎

みなさんもぜひ、海外でコインランドリー体験してみてください☺︎

riekimさんにブログのキャラクターを作っていただきました!

コインランドリー女子のミユキです。

 

3月にコインランドリー取材をさせていただいたご縁で、

ラン・ラン・ランドリー(神奈川県) - コインランドリー女子のブログ

イラストレーターのriekimさんに、

riekim(リエキム) | LINEスタンプクリエーターriekimのサイトです

この「コインランドリー女子のブログ」のキャラクターを作っていただきました!!

 

f:id:coinlaundryjyoshi:20190529220056j:image

 

かわいいでしょー! お腹がコインランドリーだよ♡

キャラクターのモデルは、図々しくもワタシにしてもらいました。えへっ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

この子の名前。。といろいろ考えたけど、とりあえずは「コインランドリー女子」です。

そのままやんけ!ですが、ワタシは「コインランドリーを楽しむ女性=コインランドリー女子」というコトバを広めたいので、

この子にはこれから、「コインランドリー女子」を広めるキャラクターとして、みんなに愛される存在になって欲しいなーと願っています♡

 

さらに、riekimさんとはコラボ企画を進行中です。お楽しみに!

どうぞ今後とも、キャラクターともどもかわいがってください。

よろしくお願いします。

ブログのオリジナル缶バッチができました! -デザインからのアプローチー

コインランドリー女子のミユキです。

 

もう1ヶ月もブログの更新をサボっておりました。ごめんなさい。

そんな間に、時代は、平成から令和へ!

新しい時代も、このマイペースなブログを、どうぞよろしくお願いします☺︎

 

ところで、みなさん「SUZURI」ってサイトをご存知ですか?

画像をアップロードするだけで、簡単にオリジナルグッズが作れて、販売や購入もできます。

自分だけのオリジナルグッズを手軽に作成・販売 | SUZURI(スズリ)

 

そんな「SUZURI」で、ワタシもこの「コインランドリー女子のブログ」のオリジナル缶バッチを作成、購入しましたよ!

f:id:coinlaundryjyoshi:20190519193800j:image

ロゴだけのさっぱりしたものだけど、シンプルで良い感じ◎

 

ワタシは、こんな風に帽子につけました↓

f:id:coinlaundryjyoshi:20190519193812j:image

 

「SUZURI」では、公開販売できるのですが、今のところ公開はしていません。お声があれば公開販売します。

取材でお会いした方などにお渡しできればと思っていますが、もしも気に入ってくださった方がいれば無料でお送りしますので、コメントなどでご連絡ください!  泣いて喜びます♡ 

 

ステッカー作ったり、缶バッチ作ったり。。ブログやるのにどこ目指してるの?と言われそうですが、こうゆうデザインからのアプローチって大事だと思うんですよね。

ま、自分がやってて楽しいだけです(笑)基本そこ!

これからも、ただブログを書くにとどまらず、さまざまな面からコインランドリーをアピールしていきます◎

。。って、ブログの更新ができてないのを、カッコよくごまかしただけでした(汗)

ではまたねー!

「THE LAUNDRY」展〜カルチャーとしてのコインランドリー

コインランドリー女子のミユキです。

先週末、三重県出身の若手写真家、濱田紘輔さんの写真展「THE LAUNDRY」に行ってきました。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190414195839j:image

 

会場は、名古屋市千種区にあるON READINGさん。

bookshop and gallery ON READING

f:id:coinlaundryjyoshi:20190414195946j:image 

 

f:id:coinlaundryjyoshi:20190414205008j:image

 

濱田さんは、アメリカの文化に惹かれて旅をするなかでコインランドリーに興味を持ち、ロサンゼルス周辺のコインランドリーを巡って撮影をしたそうです。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190414205245j:image

 

そこに写っているのは、アメリカらしいネオンや店内の雑多な感じが伝わる、日本とはまた一味違ったコインランドリーでした。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190417192630j:image

 

人物が写った写真達もあって(ごめんなさい、撮っていなかった)、それは濱田さんがコインランドリーにいたお客さん達に声をかけて撮ったもの。

撮影らしく狙った特別感ではなく、日常を過ごしている彼らの表情から、生活をしている人の美しさが溢れ出ていました。

 

アメリカでは、外で洗濯物を干してはいけない法律があるので、自宅に乾燥機を置ける富裕層以外の人達にとって、コインランドリーは生活になくてはならない場所です。

そんな場所であるコインランドリーだからこそ、アメリカらしさやそこで暮らす人達の空気感がよく現れているんだろうなぁと感じました。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190418004711j:image

 

濱田さんの写真展は、名古屋での展示が4/22まで、その後は東京都三鷹市、愛知県豊川市でも開催されますので、興味のある方は足を運んでくださいね。写真集も発売していますよ!

kosukehamada

f:id:coinlaundryjyoshi:20190417212410j:image

 

20代の頃はアートが大好きだったワタシ。濱田さんの写真展を見て、久しぶりにアート心がウズウズしたんですが、コインランドリーってカルチャーとしてもおもしろいと思うんですよね。

 

2015年の越後妻有大地の芸術祭で、「目」というアートユニットがコインランドリーを舞台に、体験型の作品を展示したり。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190417193810j:image

引用画像憶測の成立 - 大地の芸術祭の里

 

エルメスが、期間限定ポップアップショップをコインランドリーモチーフにしたり。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190417193820j:image

引用画像京都祇園の伝統的“町家”がエルメス期間限定ブティックとして再生 | PHOTO(6/42) | FASHION HEADLINE

 

韓国では、コインランドリーがモチーフの有名なピザ屋があったり。

f:id:coinlaundryjyoshi:20190417214802j:image

引用画像

インテリアも素敵すぎる!江南にあるアメリカフードが食べられるお店が話題なんです♡ - 韓国トレンド情報・韓国まとめ JOAH-ジョア- (page 2)

 

実はコインランドリーって、アート、ファッション、フードなどカルチャーとしてもかっこいい存在なんだと思うんです!

どっからでも切り口があるコインランドリーってすごいよなぁ。

 

音楽や絵画、写真、小説などなど、コインランドリーを題材にした作品ばっかり集めて展示会をしたらかっこいいよね!とか、

コインランドリーをテーマにした本を作りたいな!とか、

ワタシの頭の中でも、コインランドリーをキーワードにいろんな夢が膨らんでいってます◎

 

そうそう、そんな夢のひとつが、実は今動きはじめています。皆さんにお知らせできる時が来たらこのブログに書きますので、楽しみに待っててください!

←こうゆうセリフ、アーティストっぽくない!?言ってみたかったんだよねー(笑)